神道について解説するWEBサイト 日本人に宿る神道イズム。今こそ見直される八百万の神の精神

神道とは、神道についての解説を行います

聖地|愛宕神社の概要


愛宕神社
京都府京都市右京区嵯峨愛宕町1
愛宕神社は1603年(慶長8年)徳川家康の命により江戸の防火の神様として祀られました。

主祭神は、火産霊命(ほむすびのみこと)です。

愛宕神社の御利益は、防火、防災、商売繁盛、恋愛、結婚、縁結びなどが有名です。

京都の愛宕神社は、全国約900社の愛宕神社の総本社で古くより比叡山と共に信仰を集めました。
「火廼要慎」と書かれた愛宕神社の火伏札は殆どと言ってよいほど、京都の家庭では台所に貼られており、飲食店の厨房や会社の茶室などにも貼られていることが多いようです。
愛宕神社
[スポンサード・リンク]